Vライン ムダ毛 処理

Vラインのムダ毛って、どうやって処理しているの?

Vラインのムダ毛って、どうやって処理しているの?

ある年の夏。

 

男女3人ずつの友達同士、合計6人で愛知県の沖合いにある島へと海水浴に行くことになりました。
旅行に行くのは、自分も含めて全員が社会人。
気合を入れて水着も買い、準備万端でその日を待っていたのです。
旅行一週間前のこと。
待ち遠しかった私は、自宅で水着を着用してみました。
すると、自分が思っていた以上にVラインの角度が大きく、予想よりも多くのムダ毛が出没することに気づきました。
予定では旅行の前日辺りにでも簡単に剃って、それで大丈夫だと思っていたのですが、実際のムダ毛ゾーンのはみ出し具合を考えると、剃るだけでは不安になるような気がしてきました。
Vラインの毛は太いので、剃っただけではすぐにポツポツと黒い毛の頭が目立ってしまうと思ったのです。
そこで、私は毛抜きで抜いてしまうことにしました。
一人暮らしをしていたため、家族に見られる心配もありません。
目安となるように水着を着用したまま、はみ出した部分のVラインムダ毛を毛抜きで抜いていきます。
1本1本抜いていくので、とても地道な作業です。
時間も掛かります。
抜くときの痛みは最初に覚悟していた程ではなかったのですが、何よりも辛かったのが、体勢です。
自分の足の付け根を覗き込む姿勢を長時間行っていたため、首や背中がギシギシと痛くなってしまいました。
2日後、多少ポツポツと赤い発疹が抜いた部分に出てしまったのですが、なんとかお肌が荒れることもありませんでした。

4日後、抜き残した細かいムダ毛の処理を追加で行い、やっとVラインの自己脱毛は終了。
応急処置的な処理ではありますが、なんとか旅行の時には、恥ずかしくない水着姿を披露することができました。
Vラインの脱毛で悩んでいる人は多いと聞きます。
自分でVラインを処理して以来、他の人はどうやって処理をしているのか、とても気になるようになりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ